ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判

ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判を紹介しています

*

コーヒーについて

美味しいコーヒーのいれ方「コーヒーメーカー」

コーヒーメーカー
多くの人にとって、美味しいコーヒーは日々の生活を豊かに彩ってくれるありがたいアイテムです。お気に入りの専門店に行きいれてもらえば芳醇な香りと深みのある味わいを楽しむことができます。

家庭でもミルを使って擦り、いれる本格的なこだわりを持つ人もいれば、インスタントで済ませてしまう人もいます。コーヒーメーカーで楽しむ人も大勢いますが、この場合、マシンの良し悪しによって味が変わったり、いれ方も微妙に違います。

一般的なコーヒーメーカーで楽しむ場合、どんな点に気をつければベストな味を引き出すことができるでしょう。そのためのコツとクセをいくつか挙げてみます。

お湯の温度

まず気にかけるべきは、お湯の温度です。溜まったお湯の温度ではなく、実際に機械の吹き出し口から出てくる時の温度です。

概ね80℃から95℃である場合が多いですが、メーカーや機種によって微妙に違うので、説明書をよく読むか、直接出てくるお湯に温度計をあてて計ってみるのも良いです。85℃から90℃が適温と言われています。

それより低い温度だと酸味が強く出やすく、それよりも高い温度だと苦みや渋みが強くなりやすいです。自分が使うコーヒーメーカーの温度がどの程度かを知ることで、調整ができるようになります。温度が低い場合は深煎りの豆を使うと酸味を抑えることができます。逆に温度が高い場合は浅煎りの豆を使うことでさっぱりとした味わいを出すことができるようになります。細かい調整は実際にいれながら行うと良いです。好みの味はそれぞれ違うので、自分に合った苦みや酸味のバランスを探すことを、余裕を持って楽しみたいです。

蒸らしが大事

コーヒーをいれる時は、蒸らしが大事だと聞いたことがある人も多いでしょうが、コーヒーメーカーでいれる時も例外ではありません。機種によっては蒸らしボタンが付いており、適度に蒸らしてくれるので便利です。

ぜひ活用してください。そういった機能がなくとも、自分でももちろん蒸らしは可能です。豆にお湯を注ぎ、しばらく待つか、マシンの吹き出し口からお湯が吐き出されて下のポットに落ちる前に、電源を切ってしまいます。規準は約30秒です。香りを感じ、濃厚な味になります。蒸らしの時間も好みで長くしたり短くしたりすれば、濃厚にしたり、さっぱりさせたりできます。好みの味になるように試行錯誤してみると良いです。

コーヒーメーカーの特徴として、水を注いだら最後の一滴までポットに落ちてきます。コーヒーの特性で、最後の最後は雑味のあるいわゆるアクが出てしまいます。このアクまでポットに注がれると、少ししつこい味になってしまいます。

これを防ぐための方法は、あらかじめ水を少し多めに入れておいて、適量が抽出されたらポットを抜いてしまうことです。豆部分に入ったコーヒーが溢れない程度に最初に投入する水の量を調節してください。溢れることが心配な人は、電源を切ってしまうという技もあります。また、蒸らす時間を少し延ばせば、アクのクセを抑えることもできるので、30秒から4、5分程度の間で調節してみるのも一つです。

フィルターの選び方

フィルターは、より細かくこせるペーパーフィルターがおすすめです。ペーパーレスのタイプがありますが、細かい豆がポットまで落ちてしまうことがあります。

飲んでいて豆の粒を舌先に感じるのはあまり気分の良いものではありませんし、後味も渋くなってしまいがちです。これを防ぐには、ペーパーレスのタイプのフィルターの上に、更にペーパーのフィルターを被せると良いです。ただ、この渋みが好きだという人もいます。ペーパーフィルターを使った場合と使わない場合で飲み比べ、どちらが好きか試してみてください。

水と豆の量

水と豆の量も微調整できます。基本は豆用のスプーン1杯でコーヒー1杯分です。2杯、3杯といれる時は少しずつ豆の量を減らしたりする調整をすると良いです。

豆を買ったところで、普段よくいれる杯数で、どの位入れるべきかを聞けば教えてくれます。その際にコーヒーメーカーでいれること、自分の好きな味を言っておけばより詳しく教えてくれます。市販品の豆でもパッケージに書いてあることが多いので、それを参考にすると間違いないです。豆の量、水の量双方から調節してみて最適なバランスを見つけてください。

実際に飲むためのカップを温めておくのもポイントです。冷たいカップに注ぐとそこで温度が変化してしまいます。せっかく美味しくいれることに成功しても、ここで味を落とすのはもったいないので、お湯を入れたりして直前に温めてあげるのがおすすめです。

その他の注意点としては、作り置き、いれ置きは極力しないことです。ポットに入れて温め続けると、味も風味もどんどん落ちてしまいます。渋みが増し、後味も悪くなるので、入れたらすぐに注いで飲むことが基本です。自分でいれて2杯連続で飲む場合などを除き、ポットに溜まった状態は極力避けてください。

マシンの特性やいれ方に注意、工夫をすれば、コーヒーはまだまだ美味しくできます。

-コーヒーについて