ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判

ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判を紹介しています

*

コーヒーについて

こだわりのコーヒー豆 保存方法と賞味期限

2017/01/02

こだわりのコーヒー豆
自宅で美味しいコーヒーを飲む為に、専門店で豆を購入して飲む直前にドリップをして飲むという人が増えてきています。飲む直前にドリップをする事でコーヒー本来の味や香りを楽しむ事ができます。

しかし、豆を購入した後に困ってしまうのが保存方法と賞味期限についてです。特に初めて専門店で豆を購入して自宅で美味しいコーヒーを楽しみたいと考えている人は、正しい知識を持っていない事が多いので間違った方法で保存してしまったり、賞味期限はどれくらいなのか知らないというケースがよくあります。

正しい保存方法を知っておいたり、賞味期限はどれくらいか知っておくだけでより長い間、本格的な味や香りを楽しむ事ができるので豆を購入したいと考えている人は必ず知っておくようにしましょう。

コーヒーを保存しておく際によくつかわれるのが冷凍庫です。なぜ、冷凍庫がよくつかわれるのかというと、味や香りを劣化させてしまう要素が無いからです。劣化してしまう原因はいくつかありますが、最も多い気な原因は水分です。購入したばかりの豆にはたくさんの小さな穴が開いています。

その為、空気中にある水分を吸収してしまいやすい状態になっています。乾燥している豆が水分を含んでしまうと本来の味や香りが損なわれてしまい、十分に楽しむ事ができなくなってしまいます。

冷凍庫は温度がとても低いので豆が水分を吸収しにくいです。その為、長期保存をする場合には冷凍庫が適しています。その他の原因として酸素や温度、光があります。

豆を容器に入れず放置しておくと空気に触れて、酸化が始まります。豆が酸化すると風味が損なわれるだけではなく、種類によっては酸味を感じるようになります。温度が高い場所に放置しておくと、豆の劣化が早まってしまう為、購入したばかりでも味が劣化してしまったり香りを十分に楽しむ事ができなくなってしまうので注意が必要です。

光が当たる場所に豆を置いておくと、豆に紫外線があたってしまい劣化します。蛍光灯の光でも劣化してしまうのでできるだけ暗い場所に保存しておく必要があります。水分や酸素、温度や光など豆を劣化させてしまう原因はたくさんありますがどの原因にも冷凍庫は対処する事が可能です。

冷凍庫に保存する際に、密閉する事ができる容器や袋を使う事でより効果を実感できます。購入してすぐに飲みきれない場合に冷凍庫で保存する事が有効なので、豆を購入して長期保存をする場合は密閉できる容器や袋を準備して豆を劣化させる原因に対処する事が可能な冷凍庫に保存をしておきましょう。

適切な方法で保存をしていても賞味期限はあります。きちんと保存をしていたとしても少しずつ劣化が進んでいるので、できるだけ早めに使いきる必要があります。冷凍庫で専用の容器や袋を使って保存していた場合、常温で保存した時と比べるとすこしだけ長持ちします。

冷凍庫の温度が保存に適している事に加えて、劣化する原因に対処出来ているのが長持ちする理由です。冷凍保存をしている場合、飲む前に取り出して解凍をしてから使う事になりますが、一度冷凍した物を解凍して放置していると劣化のスピードが速くなり、期限内であっても美味しく飲む事ができなくなってしまいます。

解凍する時には使う分量だけを解凍する事を心がけて、使わない豆は解凍しないようにしましょう。凍っていて使いたい分量だけを取り出す事が渦かしいのではないかと心配な場合は、冷凍する前に一回分の分量ごとに分けて冷凍保存する事をおすすめします。

この方法であれば、一回の分量が一目で分かるので余分な豆を解凍するのを防ぐ事ができます。コーヒーの賞味期限は、豆が焙煎してあるかどうかによって変化します。焙煎する前の状態は、正しい方法で保存しておく事で数年の間は美味しい状態を保っておく事ができます。

豆が入っている袋を開封してしまうと、焙煎されていない豆でも劣化が始まってしまう為できるだけ早く使い切らなければ豆が酸化してしまい味や香りが悪くなってしまうので注意しましょう。焙煎した後の豆は、焙煎前の豆と比べて期限がとても短いです。

正しい方法で保存していたとしても、劣化が進んでしまい最終的には飲む事が難しいほどに味が落ちてしまいます。保存方法が正しいからといって安心せず、できるだけ早めに使いきる事を心がけましょう。

豆の種類によって美味しい状態を保っておける期間が違う場合もあるので自分で美味しく飲める期間が判断できない時は、購入した店舗に問い合わせて、美味しく飲める期間と適切な保存方法について聞いておく必要があります。

専門店のスタッフしか知らないような知識を知る事ができるので、分からない事があったら積極的に問い合わせてみましょう。コーヒーの保存方法と賞味期限について知っておくだけでより長い間、楽しむ事ができます。正しい知識を身につけて、より本格的な味や香りを楽しみましょう。

-コーヒーについて