ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判

ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判を紹介しています

*

コーヒーについて

コーヒーメーカーの選び方

自宅で1杯のコーヒーを飲むんでホッとくつろぐ時間を楽しんでいる方は少なくありません。
家族や自分のために美味しい1杯を淹れたいもの。そこでコーヒーメーカーにもこだわりたいところです。
選び方は自分のコーヒースタイルから選んでみましょう。

1台で挽き立てのコーヒー豆から極上の1杯を淹れたい

コーヒーメーカーでおなじみ人気のデロンギから発売された「プリマドンナXS」全自動エスプレッソマシンです。
こちらの製品は「豆から挽ける」のです。簡単な操作で豆挽きから抽出までしてくれます。
お手入れも簡単で、カス受けに溜まったコーヒーカスをポンと捨てるだけ。1杯あたり15円程度から楽しめます。
やはりコーヒー豆から挽き立てのコーヒーを飲むのがランニングコストも安いものです。
コーヒーメニュー豊富で「レギュラーコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、アイスカフェラテ、アフォガード」が楽しめます。
美しく泡立つミルクの自動カプチーノ機能や、日本限定のカフェ・ジャポネーゼ機能も嬉しいところです。
機能が高いコーヒーメーカーは大きい目のものが多いですが
こちらのプリマドンナXSは横幅わずか19.5cmのスリムボディですので、場所を取りません。
これ1台でご自宅に専任バリスタがやってきたかのようなコーヒーメーカーです。希望小売価格24万円

あまりマシンに予算をかけずに、カフェのようなおいしいコーヒーを自宅で楽しみたい

「ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム」
こちらは専用のカプセルを挿入してコーヒーを淹れるタイプです。
専用カプセルはコーヒーだけでなく、宇治抹茶、宇治抹茶ラテ、ティーラテ、ソイラテなどバラエティに富んだラインナップ。
取り扱いっているコーヒーの種類も豊富なので家族でいろいろ楽しむことができます。
マシン本体の価格は9800円、カプセル定期お届け便とセット購入ですと7800円
コーヒーマシンが無料のカプセル定期便もあります。
定期お届け便ですと、カプセルが通常価格から10%オフですのでお得に購入することができます。
マシンの無料修理も最長5年まで延長できるので、安心してマシンを使い続けることができるのも魅力です。
カプセルは近所のお店でも取り扱っているところもありますが、ネスレの公式通販のほうが種類豊富ですのでおすすめです。

さっと気軽に楽しみたい方

ネスレから発売している「ネスカフェゴールドブレンドバリスタi(アイ)」
こちらはインスタントコーヒーのカートリッジとタンクに水を補充して、ボタンを押すだけでコーヒーを淹れることができます。
インスタントと侮ることなかれ、なんと「カフェラテ、カプチーノ、エスプレッソ、ブラックコーヒー、マグサイズ」と
5種類のカフェメニューを1台で楽しむことができるので人気の1台です。
「ネスカフェゴールドブレンドバリスタi(アイ)」はスマホと連動してポイントを貯めたり、家族や友人とつなぐことができて
コーヒーを飲む以外の楽しみも広がります。
1杯当たりの価格はネスカフェゴールドブレンドエコ&システムパックは15円
高くてもネスカフェプレジデントエコ&システムパックで29円と
1杯当たりの価格がお安く楽しめ、カートリッジを近所のお店で購入できる気軽さも魅力です。
価格はマシン本体で7980円、定期お届け便とセットで購入すると5980円
マシン無料の「コーヒーカートリッジお届け便」というサービスもあります。

挽き立てのコーヒー豆でまとめて作り置きしたい方

「クイジナート全自動コーヒーメーカー」
豆挽きから抽出まで全自動で行ってくれます。
簡単な操作で挽き立てのコーヒーをいつでも楽しめるのでおすすめです。
最大で12カップ(1.7リットル)のコーヒーを淹れることができるので
一度にたくさんのコーヒーが必要なシーンでは頼もしい1台です。少量抽出機能もあるので2~4杯分も入れることができます。

お手頃にドリップコーヒーを楽しみたい

「象印コーヒーメーカー」
こちらは4杯分作ることができます。カルキをとってコーヒー豆のおいしさを引き出す「浄水」機能付きです。
なんといっても価格がお安く、シンプルな構造なので扱いやすい1台です。
コーヒーミル付ではないので、あらかじめ挽かれたコーヒー豆が必要です。

まとめ

様々なタイプがあり選び方はライフスタイルと検討しましょう。
1杯ずつ入れたいのか、まとめて作って保温したいのか豆をその都度挽いてくれる機能の有無、
1度に作れるコーヒーの量、1杯当たりのコーヒーの価格、マシン本体の価格もピンからキリまでです。
マシンなのでお手入れもしないといけません。
日々のメンテナンスの時間も取れるはこだわった機能付きも楽しめそうですが
忙しい方はシンプルな構造のものが良いでしょう。
本体にお金をかけたくない場合、マシン使用料が無料になるプランのメーカーを利用すると良いでしょう。

-コーヒーについて