ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判

ネスカフェ バリスタの価格と口コミ・評判を紹介しています

*

コーヒーについて

こだわりのコーヒー講座:砂糖の種類と選び方

砂糖の種類と選び方
美味しいコーヒーを飲むためには、砂糖の選択も重要です。

飲みやすくために入れるものですが、相性の良くないものを入れてしまうとせっかくの味が台無しになってしまう場合もあります。

基本的に、砂糖そのものの味が強いもの、個性的なものは不適切とされています。コクのある甘みが、煮物などには重宝しても、コーヒーの場合は逆に風味を壊し味を壊してしまう恐れがあります。

淹れ方も大切ですが、砂糖の選択も非常に重要です。一言で言っても種類は様々。種類ごとに、相性と特徴をご紹介します。

角砂糖

まず、よく喫茶店などに置いてある角砂糖。ある意味定番ともいえるものです。昔からあるもので、なじみ深いものの一つでしょう。

これはグラニュー糖を固めたもので、コーヒーとの相性は良いのですが、分量の調節が難しいのが欠点です。一個では足りない、二個では多い…と言った時に困ったことはないでしょうか。あるいは、一個の半分で良い、と思いつつも固いがために分けられず、溶けるのを待ってはスプーンで取り出す…と、なかなか調節が難しい所です。固めているため、比較的溶けにくいという欠点もあります。一個当たりのグラム数は決まっていますから、糖質を管理する場合には重宝するかもしれませんが、「多い」場合には少し調節が難しいです。

グラニュー糖

そういう面では、一番おすすめできるのはグラニュー糖です。一番相性が良いのもこちらです。溶けやすく、固まりづらい、そしてコーヒー本来の味を邪魔しない最適のものと言えるでしょう。

比較的手に入れやすく、すぐに溶けるため味の調節も簡単です。スティックシュガーもほぼすべてが仲間はグラニュー糖。今は人工甘味料で、カロリーのないものなども販売されていますが、それも特に問題なく味を楽しめるでしょう。

ザラメ

次におすすめなのはザラメです。よくわたあめを作るときに使用されますね。

別名コーヒーシュガーと言われるくらいですから、コーヒーとの相性は良く、特にクセがなく使いやすいと言えます。茶色い色ですが、カラメルの味がするということもなく、自然な甘さを演出してくれます。

また、ザラメはグラニュー糖と違い、見た目がおしゃれなので喫茶店にあると雰囲気がよく出ますね。グラニュー糖よりも、量に対して甘さは控えめ。ただ、こちらもグラニュー糖とは違い溶けるまでに時間がかかるため、甘さの微調節が難しい所に気をつけましょう。まだ甘くないからと言って大量に入れると、時間が経って溶けた時に非常に甘さが強くなってしまうことがあるのが注意点です。

上白糖

一方、ご家庭で定番の上白糖ですが、こちらはあまり向いていません。

味には問題なく、グラニュー糖とほぼ同じ味なのですが、お勧めできない理由として、しっとりしていて溶けにくいこと、だまになりやすいことが挙げられます。湿気を吸って固くなってしまうと、分量の調節も難しいですし、やはり溶けにくいと底に行くにしたがって甘くなってしまい、せっかくの味が台無しになってしまいます。基本的には使用しません。

黒砂糖 ブラウンシュガー

その他、非常に相性が悪いのがブラウンシュガー、黒砂糖です。ブラウンシュガーはコクのある甘さが味をぼやけさせてしまうため、お勧めできません。ブラウンシュガーを使用するのは煮物の時だけにしておきましょう。

また、黒砂糖も、それ自体の風味が強く、味を壊してしまうため向いていません。黒糖ラテなどのフレーバーを使用する時には使用できますが、黒糖をメインと考えた味になること間違いなしです。甘さを求めてと言うよりも、香りや味を重視してラテを楽しむ時に使用するのが良いでしょう。

まとめ:おすすめはグラニュー糖

以上のことから、総合的に評価すると、ダントツでおすすめするのがグラニュー糖です。もっとも使いやすく、味を壊さず、安価で手に入れることが出来ます。固まりにくく、味の調節も簡単です。

アイスの場合はガムシロップを使うのが主流ですが、ガムシロップ以外で甘さを出す場合、メープルシロップを使用したりチョコレートシロップを使用することもあります。フレーバーもついて、また違った甘さを味わうことが出来ます。ホットにガムシロップを使う方も居ますが、すぐに溶けて使い勝手はよさそうですがアイスと同じ量をホットに使用すると甘すぎてしまう場合があるので、こちらも注意が必要です。

ガムシロップにも人工甘味料のものが今は出てきており、糖質ゼロ、カロリーゼロと言ううたい文句の甘味料が沢山出ていますが、こちらは他のものと比べ何倍もの甘さがあるため、量にはことさら調節が必要です。基本的にガムシロップと同じですから、相性の悪い味のものはほとんどありません。シロップですから、溶けやすい点では文句なしです。甘くなりすぎないように注意ながら、好みの甘さに仕上げるのが良いでしょう。

せっかく、水や豆、焙煎具合や挽き具合、はては淹れ方にまでにこだわっても、「甘さ」で失敗し味を台無しにしないためにも、好みに合わせて選択すると良いでしょう。

-コーヒーについて